ホーム / お知らせ・イベント / お知らせ / 修士課程入学試験における英語科目実施方法変更のお知らせ

修士課程入学試験における英語科目実施方法変更のお知らせ

掲載日:2013/02/09

京都大学大学院工学研究科建築学専攻では、修士課程入学試験科目のうち英語科目については、TOEFLもしくはTOEIC試験のスコアを所定の点数に換算して、英語科目の成績としておりましたが、平成25年実施予定試験からは、TOEIC試験の成績は受け付けません。詳細は工学研究科ホームページにありますので、確認して下さい。

平成25年2月実施予定試験(平成25年度修士課程外国人留学生学生募集)
平成25年8月実施予定試験(平成26年度修士課程学生募集)

https://www.t.kyoto-u.ac.jp/ja/admissions/graduate/exam1/kenchiku_henkou

TOEFLテストを受験してからスコアが届くまで相当の日数がかかりますので、早めの受験を推奨します。

<参考:TOEFLホームページ http://www.ets.org/jp/toefl/ より>
「ご指定の通知先に届くまでに、米国内は 7〜10 日間、その他の地域では 4〜6 週間かかります。最も早い出願期限の 2〜3 か月前にテストを受けることをお勧めします。」
http://www.ets.org/jp/toefl/ibt/faq/