ホーム / 専攻の紹介 / 理念と教育方針

理念と教育方針

専攻の理念と目的

教育について

建築学は、人間にとって安全で快適な生活環境を考え、望ましい建築・都市空間を創出していく学問分野である。建築学専攻では、建築学における計画・構造・環境の各分野の基礎的部門の教育をおこないつつ、建築を自然環境と生活環境のなかで総合的に捉え直した先端的な学問の教育をおこなっている。こうした教育によって、人間性豊かで幅広い視点から物事を捉えることができ、高度の専門能力と高い倫理性、ならびに豊かな教養と個性を兼ね備えた専門的技術者および研究者を育成することを目的とする。

研究について

生活環境が急激に変化するなかで、現代社会が求める高度で複雑な機能を担う建築空間を実現するためには、基礎的な分野の研究、先端的な研究を推進するとともに、建築を自然環境と生活環境のなかで総合的に捉え直し、専門分野の研究を相互に有機的に結合し、総合化を進める研究が不可欠である。本専攻では、それぞれの分野での基礎的および先端的研究をおこなうとともに、総合化の理論的研究、創造的研究、さらにその実践システムの研究をおこなう。

アドミッションポリシー

上記の理念・目標のもとに、次のような人を求めています。

(1) 建築学専攻が掲げる理念と目的に共感し、これを遂行するための基本的能力と意欲を有する人。

(2) 自らの真理を探求するために必要な基礎学力を有し、既成概念にとらわれない認識力と判断力を有する人。

(3) 建築分野における高度な専門技術者や研究者を目指す意欲あふれる人。